疲れを取る方法

疲れって何種類かあると思います。

自分なりに実践している方法。

わたしは1977年生まれ。

もう立派な中年です。

学生の頃はラグビーやってて

そのノリで20代の頃は、3日で3時間しか寝ないとか平気でした。

現在、自営業の失敗から2000万の借金を抱え、それを個人再生で減りはしたものの5年間は返済を続けないといけないのと

住宅ローンと娘の進学となんやらかんやら生きていくためのお金が必要で

こんな状況になっても妻は働きに出ないという。

まぁそれはいいのですが

そんな感じなので

一昨年から3日で3時間睡眠を復活させました。

日の明るいうちは厨房で9時間。終わり次第、閉店後のスーパーのワックスがけの仕事を朝まで。

毎月25万円は稼がないといけなく、

時給は良くて900円なので

毎月280時間は働かないとねー。

働き方改革から遠のいてるわ。

流石に疲れます。

色々と研究してます

まず栄養素

大事なのはタンパク質らしい

だけどタンパク質をとったからと言って疲れがとれるかというとそうじゃなくて

じっくり時間をかけて疲れない体をツクるとか

時間をかけて体を修復していくという、

なんというか基礎体力的なものみたい

でもね。

そんな悠長な事は言ってられません。

即効性があるのは、ヒスタミンモカ

つまりカフェインの錠剤

レッドブルとかなんとかエナジーなんかよりも断然安くてしっかり効きます。

一回分100円もしないしねー。

だけどこれは一種の麻薬

あんまり頼ってたら効き目が落ちる気がするので

奥の手に近いです。

そこで毎日実践しているのは2~3時間に一本のアクエリアスやポカリスエット。

こまめに飲んでいる時間なんてないので、2時間経ったら強制的に500を一本飲むようにしてます。

疲れが回復するというより

その都度疲れないようにしているようなものですね。

疲れってほとんどが電解質のなんちゃらかんちゃららしい。

つまり電解質が常に正常だと疲れを感じないらしい。

毎日タンパク質中心の食事にして

活動中は常にポカリやアクエリアスを飲みながら

やばいときはモカ錠剤を行っとく。

こんな感じでアラフォー体で頑張ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です